くまもとひなママネット

本ホームページについて
本ブログはくまもとひなママネット(旧STOP!放射能の会)のメンバーブログになります。
なお、各記事に関しましては、メンバーの主観的な内容や体験談が含まれます。
何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

ご不明点や、ご要望などは (現在 調整中) までご連絡ください。
重要なお知らせ
・放射性瓦礫についてのわかりやすい漫画シリーズが出来ました。必見!
↓をクリックすると閲覧できます
キャラクター紹介
漫画 #1漫画 #2漫画 #3漫画 #4漫画 #5漫画 #6
各ページの記事はこちらから 漫画カテゴリー

おはなし会vol.20 給食のことを語ろう 延期の可能性

こんにちは。
ひなママネット事務局です。

明日6/21金)10時~のおはなし会ですが、台風&雨の状況では延期させていただくことになりました。

当日21(金)朝7時に判断し、開催か延期か、改めて本ブログにてご報告いたします。

ご参加を予定されている方は、どうぞ朝からの本ブログをご覧くださいますようお願いいたします。

尚、お知り合いの方にもお声をかけていただけると助かります。

★当日延期の場合は、ウェルパル会場にその旨張り紙をしていただけることになっています。お電話での直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。

おはなし会vol.20 ~学校給食について語ろう~

こんにちは、ひなママ事務局Mです。
梅雨の中休みといった晴れ間が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

くまもとひなママネットおはなし会 Vol.20のお知らせです。
今回は子育て中の方には特により身近な話題である学校給食を取り上げます。

原発事故後、放射能基準値という言葉を耳にするようになり、事故後2年は経ったものの、放射能半減期は永久に近いものも多くあります。
農業王国である熊本の食は、地産地消が基本ではありますが、流通の発達した現在の社会では食材も少なからず全国各地のものが流通しています。

そして、放射能汚染の問題のみならず、遺伝子組み換え作物や添加物、農薬などなど食にまつわる不安はつきないものです。。。
成長期の子供たちの毎日の栄養を担う給食です、改めて、学校給食について一緒に考えてみませんか?

*産地状況はどうなってるのかな?
*お弁当持たせたいけどみんなはどうしてるのかな?
*先生方にはどう伝えたらいいかしら?
・・・・・などなど気になってること、みんなで語り合いましょう。

*大丈夫とは思っているけど、具体的にどんな食材を使われているのか、知る機会ってあまりないな~
*少し不安に思っていたけど、なかなか言い出しにくくて、ママ友とも話せない・・・
・・・・・などちょっと気になってる方にもぜひ!

当日はまず、実際に給食の現状を知ろうと動いた小学生のお子さんを持つお母さんたちのお話をうかがって、参加者の皆さんと意見交換・交流を行いたいと思います。学校とのやり取りの中で「担任の先生、校長先生にこんな伝え方をしたら、こちらの思いを理解してもらえたよー」「こんな言い方をしたらうまく伝わらなくて先生たちと気まずくなっちゃった・・・」など苦い体験も含めてみんなでそれぞれの体験を共有できたらと思います。
学校の先生方や行政側とも連携・協力して、子供たちにより充実した学校生活を送ってもらえるよう、みんなで知恵を出し合いましょう♪

以下、企画概要です。
お友達やお知り合いの方にもお声かけ頂ければ幸いです、皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ひなママ初夏の座談会
~学校給食のことを語ろう~」

★日時:6/21(金)
10:00-12:00(受付9:45~)…予約不要です

★場所:ウェルパル1F あいぽーと広場
熊本市中央区大江5丁目1-1

★参加費(資料代):300円(ひなママ会員は200円)



**お子様連れ大歓迎~ただし、託児はございませんので、お子様の安全は保護者の責任でお願いいたします。

**お問い合わせ:kumamotohinamama@gmail.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはなし会『熊本を知ろう交流会~熊本の避難者支援・防災情報~』参加者の方から感想を頂きました♪

最近入会したmmです。
5月28日、メンバーになってからの初お話し会『熊本を知ろう交流会~熊本の避難者支援・防災情報~』に行って参りました。

熊本県庁危機管理防災課、熊本市役所危機管理防災総室、宇城市役所定住促進課の方々が参加してくださいました。

県の方からは、2013/5/23に見直しされたばかりの情報を、資料交えて詳しく解説頂きました。
市の方からは、 前日に防災会議があったばかりで最新資料は後ほど頂けるお話でした。
ありがたいです。

県内を250mメッシュに区切り地盤構造モデル化し計算、津波は海を50mメッシュ…

…等等、私個人的には興味津々な内容!ですが書ききれない詳しい内容です。
もっと知りたい~!!な方は是非一緒に役所に質問に参りましょう!

断層が意外に近いとこにもあったり。南海トラフの被害想定の話も興味深く。液状化の話なども。

移住したばかりの皆様に色々お伝えしたいこと山盛りでした!
頂いた熊本県の資料にも掲載されているものがほとんどですので、是非一度(くまもん表紙の)『みんなで防災!ガイドブック(《資料問合先:熊本県危機管理防災課》』をご覧ください!

席替え後、さらに近くでお話をお伺いしました。
液状化の具体的エリアの質問では踏み込んでお話頂き、当たり前ですが同じ人なのだと親近感も湧き嬉しくなりました。
勢い、お酒でも頂きながらゆっくりお話お伺いしたい~☆と思うほどに親身にお話頂きありがとうございました!

私事ですが、以前アポ無しで公的機関に一人フラフラとダメ元なお願いをしに伺った際も、初めて会うどこの誰とも分からない私に、やはり丁寧に親身に話を聞いてくださり、仕事範囲を越えている部分は他の部署の方に働きかけてくださり、あまりのありがたさに号泣したこととか(しかもうち二人の方は一緒に泣いて下さった…TT)

…思い出しました。いつも日の当たらない部分まで考えて準備下さるありがたさに、今回もウルウルしてしまいました。担当の皆様いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いしますっ!

また、担当の方々に来て頂く交渉など、私では出来る気がしないような事柄を、ひなママに集まるママさん方々は今まで行動されて来られたのだと知り、以前あちらで生活していたら出会うことも無かったであろう凄い人達とお知り合いになる機会自体に鳥肌が立ちました。

凄いことです!今まで人見知りが災いしてなかなか参加せずにきましたが、今からでも色んな方々とお知り合いになりたいです!
まだまだやらなきゃな事はあるはずです。皆さん、是非つながりましょー♪皆さんに是非お目にかかりたいです(*^^*)

最後になりましたが、資料も内容も準備し時間を割いて来て頂いた行政の皆様と、企画運営下さった皆様に心から感謝申し上げます。

mm

おはなし会vol.19 熊本を知ろう交流会~熊本の避難者支援・防災情報~

こんにちは。ひなママネット事務局です。お久しぶりのブログ更新ですが、
おはなし会のお知らせです。

今回は気軽な座談会形式で、熊本の行政担当者の方を招いて
、東日本大震災による避難者・移住者と地元熊本の方達との交流会です。

熊本県庁危機管理防災課、熊本市役所危機管理防災総室、
宇城市役所定住促進課の方々が参加してくださる予定です。

行政の方には下記についてお話していただきます。

1)現在行っている避難者支援の紹介
2)地震の際の対応について
3)近隣県で原発災害が起こった際の対応について


最近また地震が多いですが、熊本の防災対策はどうなっているのか、直接聞ける機会です。行政の防災対策について、避難者ならではの提案を直接意見できる良い機会でもありますし、地元の方達に避難者の現状を知ってもらえる良いチャンスでもあります。

また、自然豊かな宇城市の情報も聞けるので、移住先を検討中の方にもお勧めのイベントです。

避難者に
熊本のことを色々教えてあげたい地元の方も大歓迎です!

お子様連れ大歓迎ですが、託児はありませんのでお子様の安全管理は保護者の責任でお願い致します。

参加費無料・予約不要です。どなたでもお気軽にご参加く
ださい。


日時 5月28日(火)  10:00~12:00 (受付開始 9:45)
場所 ウェルパルくまもと 1F あいぽーと

「避難移住女性のための熊本就職セミナ」ーについてお知らせ

ACTくまもと(熊本被災者支援プロジェクト)さんからお知らせがありましたので、皆様にご紹介です。

「私の夢を熊本でかなえる為に必要なこと」
日時:3/15(金) 10:00-12:00
場所:熊本市男女共同参画センター「はあもにい」2階 学習室
内容:
①熊本の就職状況と就活に関するアドバイス
②就職決定者事例報告
③参加者トーク
④夢を形にする「未来の設計図」
講師:藤井宥貴子さん(キャリアカウンセラー、はあもにい館長)
定員:15名 ※託児あり(要予約)
対象:東日本大震災後に熊本へ避難移住してきた女性の方
受講料:無料
申し込み・問い合わせ:お電話でお申し込みください。
男女共同参画センターはあもにい 096-345-2550

是非多くの皆さんに参加していただければと思います。
お誘いあわせの上参加申し込みをお願いします。

詳細は
http://sien.act-kumamoto.org/?p=1747
をご覧ください。
当サイトが記事中で引用するニュース記事・著作権物・動画に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。
最近のツイート

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント