メンバ一のみ一ふ一です。
 
6月16日に行った、「山鹿日帰りツア一」の報告です。
 
11:00、熊本駅に集合、あいにくの大雨でしたが、
買い物中心のツア一ということで決行しました。
(実は送迎の私が遅刻しましたが・・・・)
参加したのは私の他にママ3人、子ども5人です。
(途中合流者含む)
 
土砂降りの中、国道3号線をひた走ること1時間ちょっと。
山鹿の田んぼや畑が見えてきました。
熊本市在住の方にとっては少し新鮮な景色だった・・・・でしょうか?
 
昼食をとったのは山鹿市の物産館「水辺プラザかもと」です。
ここはバイキングスタイルのレストランが人気で、
土日は30分程度待つことも。
この日は大雨だったせいか、それ程待ちませんでしたが、
それでも店内は活気にあふれていました。
このレストランで使用している野菜は近隣のものが中心で、
和食メインの品揃え。子ども連れで楽しめる内容になっています。
参加者も思い思いのメニューを楽しんでいました。
 
昼食を終えて訪れたのは「卑弥呼」。
素材から吟味された味噌・醤油を買うことができます。
2階は骨董カフェになっていて、さまざまな種類の味噌汁を選び、
頂くことか゛できます。もちろんスイーツも用意しており、
女性心をくすぐります。参加者の方のなかには、
「もう一度来る!!」と断言されたかたもおられました。
 
味噌・醤油を抱えて車に乗り込み、
次に訪れたのは麹屋「木屋」です。
私は知らなかったのですが、
どうやらこの店、ちょっと有名なようで、
私たちがうかがった日はテレビの撮影もしていました。
ここでおいしい甘酒の試飲をさせていただき、
内部の様子も少し見学することか゛できました。
そして麹や酢も買い求めて、ここでツアー終了。
 
味噌・醤油・麹・酢・・・。私個人としては、
今までそれほどこだわってませんでした。
でも重たくても、タクシー使ってでも買う参加者の姿に、
毎日使う調味料には、やはり労を惜しむべきではないなあと、
改めて思ったのでした。
 
山鹿、おススメです。
次回は温泉に入りに行く・・・・かも。