くまもとひなママネット

メンバーから皆様へ

菅谷昭先生(現、松本市長)の講演会に行ってきました。


メンバーnaoko です。

先日、菅谷昭先生(現、松本市長)の講演会に行ってきました。

菅谷先生は、信州大学の外科医でしたが、1990年代にその職をなげうち単身ベラルーシに渡り、チェルノブイリ原発事故による甲状腺癌の医療支援を数年間された方です。

講演ではその経験に基づいて色々な話をしてくださいました。

実は私は、菅谷先生にずっと会いたかったのです。会ってお礼を言いたかった。
なぜなら。2011年の3月だか4月だか、まだテレビの学者が皆「直ちに人体に影響はないから大丈夫」「普通に暮らしていいですよ」などと怪しさ満点のことを言ってた時期に、菅谷先生は「ベラルーシのおじいさんおばあさんお父さんお母さんは、あの時森のキノコを食べさせなければよかった、あの時外で遊ばせなければよかった、と長い間後悔して苦しんでいる。私はそんな姿をたくさん見てきた」と言って危険に対する予防原則に触れて下さったのです。
おかげで私は、後悔しないようにと最大限の防御をすることができました。
私の子どもの寿命を伸ばしてくれた、恩人です。

実際にお会いした菅谷先生。優しいお顔していました。やっぱり最後は人間性、なのです。

そして「国策で子どもたちを避難、移住させるべきだ」ということ。「除せんに過度な効果を期待するべきでない」ということ。一番大切なことを、はっきりと仰ってくださいました。

甲状腺癌については、「発症は10年後がピークであるが事故翌年から徐々に増えている。翌年から発症例があった事実がある」ので、「いま福島で出てきている小児甲状腺癌が原発由来ではないとは言えない。由来はわからないというのが正解」と。
またベラルーシでは「小児甲状腺癌(15歳未満)の6例に1例は肺転移があった」「発見した時に小さな癌でもすでにリンパ節転移がみられる場合もあった(→この場合は手術して治癒可能)」と。
ゆえに「きちんと検査をしていき治療をしていくことが大切だ」と。

(事故後にテレビに出ていた専門家たちは「子どもの甲状腺癌が増えるだけだから大丈夫、心配いらない。甲状腺癌は治るんだから」と言ってましたよね。しかもうっすら笑いながら。あまりに腹がたったのでよく覚えています。彼らの言葉には根拠がなかったと改めて思います。また、エコー検査の間隔が2年に一度では間があきすぎますね。。)

他にも。低線量を長期被曝することで25年後に今ベラルーシでおこっていること。次に原発事故がおこった時には九州でも住民自身が身を守らなければいけないこと。などのお話しがありました。(国は守ってくれませんもんね)

福島に関しては、「差別」を心配する言葉が出てきている。「子どもたちにメンタルケアをする必要がある」と。
(これに関しては深い議論が必要ですね。差別と区別は違うこと。また、子どもたちのメンタルケアをするには、まず大人たちが正直な言葉を発して、まっとうな人間性を持たなければいけない。)

「棄民」してはならない、「国難」なんだ。「福島のことを忘れないでください」と会場の人にお願いもしていました。

言葉を慎重に選びながら話す菅谷先生の姿に私が思い出したのは、水俣病の原田正純先生が仰った「権力の不均衡のなかでの中立とはなんですか?」という問いかけでした。
私たちはいま、圧倒的な権力の不均衡の中にいます。あれだけの苛酷事故がおこり、人が死んでいるのに。原子力産業の牙城は高くそびえたっている。原子力ムラの権力は圧倒的です。誰も反省していないし、これからも原子力は推進されていく。核推進の総本山IAEAも福島に乗りこんできている。
好きなように道を歩いて、好きなものを買って食べて、自分に自由があるように錯覚してしまうけど。いちばん大切な、命を大切にする自由を制限されている。今の日本はひどく権力が不均衡な状況にあります。
そんな状況で、名を知られた菅谷先生が真実を言うことにどれだけの圧力があることか。菅谷先生の勇気に感謝します。
と同時に、こういう人に頼るばかりではいけない、無名の私たちだからこそできることがたくさんあるよね。と思いました。

菅谷先生の暖かみのある笑顔。
厳しい時代だからこそ、きわだちます。
こういう人に会うことが、子育ての活力にもなる。
私もこんな笑顔ができているかな?誰かの恩人になれるかな?

菅谷先生、遠い熊本まで来ていただいて、本当にありがとうございました。


最後に菅谷先生の著作をご紹介します。
「チェルノブイリいのちの記録」「チェルノブイリ診療記」 昌文社

日本ではありえない劣悪な医療環境も興味深いのですが、異国滞在記としても面白い。-20℃にもなる厳しい気候って!とか。初めての自炊&お弁当づくりとか。(ダジャレもちりばめられている!)
ぜひ読んでみてください。

12月のおはなし会のお知らせ

避難ママによる地震&放射能のおはなしVOL15のご案内です。

12月13日(木)10時半からDVD上映会を行います。

「福島第一原発事故後 健康被害についての考察」
特定医療法人芳和会協立クリニック・院長
高岡 滋医師
http://stophousyano.com/2012/04/819.html
4月のおはなし会の録画です。
すでにご覧の方にはDVD「内部被爆を生き抜く」の特典映像、「復興支援ば考えよう・熊本」、武藤類子さんの講演会の録画などいずれかをパソコンで上映し、ご覧いただく予定です。

会場は和室になりますので、お子さん連れもゆっくりご覧いただけると思います。
上映会後は昼食を持ち寄りで、15時まで交流会を行います。
交流会からの参加も歓迎ですので、お気軽にお越しください。

今年最後のおはなし会になります。
1年を振り返って、皆さんが自由にお話できる時間がとれたらと考えております。
皆様お誘いあわせのうえ、是非ご参加下さい。

 日時:12月13日(木)
     10時15分      受付開始
     10時半~13時半 DVD上映会
     13時半~15時   交流会

   場所:春日地域コミュニティーセンター和室
            熊本市西区春日6丁目4-2 熊本駅 新幹線口より徒歩4分
    ※市電の方も白川口から新幹線口へエレベーター地下通路にて通り抜け可能です。
  ※駐車場の台数が限られていますので、なるべく公共交通機関をご利用下さい。

   場所代・暖房代のため参加費300円以上のカンパをお願いします。

11月29日おはなし​会vol14

今日は山並先生との座談会がありました。
あいにくの天気にも関わらず30名を超える方々にご参加頂き、先生を丸く囲み、時に子どもたちが行き交う中、約二時間半に渡り、真剣なお話しがかわされました。避難してきた方が半数程度、地元の方が半数程度でしたでしょうか。311をリアルに体験した人とそうでない人とが、膝を付き合わせて放射能のことを話せる、というのも貴重だったのではないかと思います。
その中で30年以上、安心な野菜を生産者と協力して生協をやってこられた熊本のご婦人がおっしゃっていました。
私たちはチェルノブイリのあと、必死に活動をした、けれど子育てにおわれ、生活におわれ、だんだん活動も出来なくなった、そして、また福島の事故が起こってしまった。本当に申し訳なく悔やまれる。。と。

震災から一年八カ月。
すごく考えさせられるお言葉でした。
私たちが日々大変な生活の中でも、それに流されることなく、一人一人が少しだけ頑張って動くこと!
そうしなければ、私たちはまた子どもや孫に謝らなければいけなくなるでしょう。
それぞれが少しずつ頑張ること、子どもたちのために今、大人が頑張ること、改めてその大切さを噛み締めしめました。

最後になりましたが、雨の中、ご参加頂きました皆様、そして、沢山の質問に誠実に御対応頂きました山並先生に改めて御礼申しあげます。

くまもとひなママネット事務局

11月のおはなし会のお知らせ 

11月29日(木)のおはなし会のご案内です。


7月に白百合保育園(宇城市)さんで行われた育児講座でご一緒させていただいた山並先生をお招きしての座談会です。

以下のプロフィールにあるように放射性物質(特にストロンチウム)の経口摂取による人体リスクの研究をされていた方で、311以降は熊本県下の保育園を中心に放射性物質の基礎知識について講演をされています。7月には宇城市PTA連合会で基調講演もされています。

ひなママのおはなし会参加者は基礎知識のある方が多いので、今まで熊本で講演をされてきて感じられたことや、大学院で研究されていた内容などについてお話していただき、参加者の質問に答えていただけるようにお願いしています。
お忙しい中、わざわざ八代市からおいでいただきますので、皆様お誘い合わせの上、是非、ご参加下さい。

避難ママによる地震&放射能のおはなしVOL14
  山並憲正先生をお招きして 座談会

日時:11月29日(木)
    10時受付開始
    10時半~~12時半 座談会

場所:ウェルパル熊本 あいぽーと会議室

・講師へのお茶、謝礼のために参加費300円以上のカンパをお願いします。
・今回は託児を予定しておりません。
お子さん連れも歓迎ですので、各自、お子さんを見ながら参加いただけたらと思っております


プロフィール
山並憲正 株式会社HOKULEA代表取締役
京都大学大学院環境地球工学修了。
専攻は環境リスク工学(専門は放射性物質の経口摂取による人体リスク)。
卒業後は環境プラントメーカーに勤務し、生物処理関連の設計業務を中心に開発・営
業を経験。
8年前から児童福祉・幼児教育の分野へ。
知って得することをわかりやすく伝えるために、仕事の合間に保育園等で講習会を開
く。

第2回復興支援ば考えよう・熊本

「第2回復興支援ば考えよう・熊本」の開催のお知らせです。
 
日時:11月18日(日曜日)14時~16時30分 (開場13時30分)
場所:城彩苑 2F多目的交流室
参加費(資料代・実費):500円
定員:100名(予約不要・先着順)
 
プログラム内容(予定)
 1:大西一史県議講演:2012年福島視察報告
 2:私が見た、聞いた被災地の様子(参加者自由発表)
 3:「0円キャンプスクール運営体験談 福島の子供たちを受け入れて」
 4:グループワーク1:私がやった復興支援、私がやりたい復興支援
 5:グループワーク2:どう向き合う「復興支援」と「放射能問題」
 6:全体での意見発表・まとめ
 
 
事前予約は不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。
あいにく託児はございませんが、お子様連れ歓迎です。授乳室あります。
 
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。


画像

最近のツイート

アクセスカウンター
  • 累計:

記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ